NEWS/REPORT 新着情報

イエづくり

住まうという事を考える

住まうという事を考える

住まうを考えるというのは一般的にはないのかしら?

 

イエづくりを始める際に部屋の大きさやシステムキッチンなどの欲しいモノを考えているのだけど、暮らしについてはまったく考えていない。暮らし続けることが住まうである。人生の一部であり生活の基盤であるからよく考える必要がある。が、尋ねて即答した方はかなりレアです。

そこでウチでは家族で話あって書き出してもらうという事と尋ね続ける事で徐々に明らかになってきます。その住まい方と敷地・立地によって設計をしていきます。周辺環境に調和するように配置と高さを考え計画します。

しかし、イエづくりにおいて住まうがないというのは「あたりまえ」となっている現状。それはハウスメーカーによるイエづくりが主流となっているからである。基本的には決められたモノを選んで組み合わせる事でつくられている。それはつくる方側の合理性からできたものであるが、「マイホーム」を建てませんか?という売り文句で普及されていったからである。

ハウスメーカーというネーミングの通り「家の製造業者」です。製造という事は商品です。消費物としてつくられています。「つかう」が抜けている消費物であるから、スクラップ&ビルドが未だにやめられない。これだけストックがあるにも関わらず。

だから工務店としては「つかう」にフォーカスしたイエづくりをしてゆく。工務店とは地域に寄り添って地域で共に暮らす存在です。だから永く「つかい」続けてもらうイエづくりをしていきます。地域の工務店は地域の風景づくりをもになっています。地域のらしさをつくっているのです。だから周辺環境にも配慮して計画します。置かせてもらう責任があるのです。

そんなイエづくり一緒にしませんか?

 

 

浦河町から
全ての人の人生を 豊かにする仕事を

  • 〒057-0032
    北海道浦河郡浦河町向が丘西1-539-45
  • FAX. 0146-22-3923

お電話でのお問い合わせ

TEL:
0146-22-3912

受付時間:9:30~18:00
(日曜・祝日・第2第4土曜日・年末年始は除く)