NEWS/REPORT 新着情報

仕事納め~無事故で終える事がなによりも大事~

仕事納め~無事故で終える事がなによりも大事~

今年も無事無事故で終える事ができました。

まず無事故で終えるというのがなによりも大切な事。事故らしい事故は10年以上おきていません。これはひとえにスタッフのおかげです。コア・バリューの中にある【思いやりを大切にする】【謙虚さと素直さを忘れない】【仲間を大切にする】が皆の中にありそれぞれが体現しているからに外ならないと考えています。

コア・バリューとはウチの「あたりまえ」。企業文化の根幹です。ウチではこのコアバリューに則ってさえいれば自由。ここを踏み外さない。いいかえるとコア・バリューから外れることをしてはいけない。意識することで「あたりまえ」に行動へとつながる。と、考えています。

さて、今年も色々と変化がありました。もっとも大きいのは大ベテランの大工さんである古川さんが大工を引退して別の会社(老人ホームの用務員)へいったこと。僕は少しさみしさはあったけど、とても良い事であり望んでいたことでもありました。大半の職人さんは生涯現役で倒れるまで職人としてまっとうするのを見てきました。本当に倒れて亡くなる方も数多く見てきました…亡くならないにしても職人として動くことがままならない状態でやむなく引退する。それは自分の意志とは関係のない選択です。本当にそれで良いのか?いつも疑問に思っていました。

古川さんから話をもらったとき、止めるかどうか迷いはありました。今は年齢で区切るよりも個々人の状況で判断すべきであるとの考えから、まったく支障がな意図は言えないが自分でコントロールしながらチカラを発揮できる点、若手に仕事をふり任せられる点、働く場つくり(コミュニケーション力)が高い点から本当に惜しいのではあります。まだまだチカラを発揮してひとづくりにも貢献していただきたいところではありました。しかし、今回の理由が転職のお誘いであること、その前任者が体調を崩していること、年齢的な区切りとして少し緊張感から開放されたい(大工は常に危険と隣り合わせであるので、その緊張感。自分だけでなく仲間もふくめて気にかける必要がある)という理由から了承しました。

僕としては他の職人さん、ウチだけでなくこの地域の職人さんに影響を与えたと考えます。会う人に聞かれて上記のことを話しています。僕はそれぞれの人生を謳歌することが大事だと思っています。その一部には働くがあるので企業は人生をよりよくする一翼を担っています。

人は、自分の役割を果たして活動すること、つまり『働くこと』を通して、人や社会に関わることになり、その関わり方の違いが『自分らしい生き方』となっていくものである。
人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割の関係を見いだしていく連なりや積み重ねが『キャリア』の意味するところである。

(引用:文部科学省「キャリア教育とは何か」)

キャリアを意識してもらいたい。今一度自分は「なぜ」働くのか?「どうして」この会社・この職業なのか?を考えてみてほしい。ちょうど休みに入る、特に年末年始という区切りを跨ぐ休みである。振り返りと抱負・志を立てるにはよいと感じる。ので毎年ウチのスタッフには考えるきっかけとしてのアンケートを書いてもらっている。少しずつ書く内容が濃くなってきていると感じる。それは理想がハッキリしてきているというあらわれであると考える。僕はそれを応援したい!そして会社としてもガッチリとバックアップできる会社となるようシンカをつづけたい。そのために日々努力をつづけていきます。

来年の引き続きシンカしながら『イエに関する困りごと解決』をおこなっていきますので、何卒よろしくお願いいたします。

浦河町から
全ての人の人生を 豊かにする仕事を

  • 〒057-0032
    北海道浦河郡浦河町向が丘西1-539-45
  • FAX. 0146-22-3923

お電話でのお問い合わせ

TEL:
0146-22-3912

受付時間:9:30~18:00
(日曜・祝日・第2第4土曜日・年末年始は除く)